肌が弱い人でも医療脱毛はできるのか

医療脱毛は個人の肌質によって施術を受けられるかが大きく変わる傾向にあり、敏感肌やアレルギー体質を含めた弱い肌の人は十分な注意が必要となります。
一般的に医療脱毛はレーザーの機器を用いて特殊な光を照射し、毛根部分を加熱させる事で発毛組織の破壊を目指す技術に該当します。
医療レーザーの機器はメラニン色素に対して反応・吸収されるよう調整が行われている為、直接的に皮膚へダメージを受けにくい仕組みではあるものの、毛穴から皮膚へ熱や刺激が伝わってしまう可能性も考えられ、肌が弱い場合は副作用が強く出るリスクを高めてしまいます。
医療脱毛の副作用としては、施術後の赤みや腫れ・皮膚の発熱及び乾燥などが挙げられ、フラッシュ方式と比較しても脱毛効果が高い分だけ相応の症状が出やすい性質を持ちます。
医療機関によってはレーザーの出力を弱めるなど、肌が弱い人でも安心して受けられるように準備を施しているところも存在しますが、必ずしも安全とは断言できない理由から、カウンセリングをうまく活用して施術を受けても大丈夫であるかを確認しておく事がポイントになります。
また、副作用が強く出てしまう状況においては、部分的にフラッシュ方式を併用するなどの対策も効果的と言えます。